« 市民連合 初街宣行動について記事(週刊金曜日) | トップページ | 「ニュース23」岸井成格氏降板で市民有志がTBSに要請文 »

2016年1月20日 (水)

逮捕される息子にすがった母親を東京地検検事が暴行か?

 息子が逮捕されるとき、逮捕を防ごうとしたら東京地検検事らに暴行されたとして73歳の母親が国賠訴訟を起こしている。逮捕された息子は、公務執行妨害事件で裁判にかけられており、自らのえん罪を社会に訴えるため、ユーチューブに裁判の記録等を公開していた。それが刑事訴訟法における証拠の目的外使用にあたると逮捕されたときにおきた事件だ。

 これは裁判の密室化を図るもので、裁判に出された証拠を公開して広く社会に冤罪を訴えたり、裁判の傍聴を呼び掛けることを阻害するもの。有名な冤罪事件の袴田事件や狭山事件の関係者も証拠を公開できなくなるではないか。それどころか、事件を報道するジャーナリストらの取材報道の自由も脅かす。

 この件は1月7日発売の月刊誌『紙の爆弾』(鹿砦社発行2016年2月号)に掲載した。

|

« 市民連合 初街宣行動について記事(週刊金曜日) | トップページ | 「ニュース23」岸井成格氏降板で市民有志がTBSに要請文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/63094435

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕される息子にすがった母親を東京地検検事が暴行か?:

« 市民連合 初街宣行動について記事(週刊金曜日) | トップページ | 「ニュース23」岸井成格氏降板で市民有志がTBSに要請文 »