« 小泉・竹中路線の直接被害者 日本郵政1万4千人雇止め訴訟 | トップページ

2015年8月 8日 (土)

秘密法裁判で重大事実発覚。人質事件の文書、戦死想定の隊員家族連絡カード、総連元幹部宅狂言強盗、Nシステム…

マイニュースジャパンに記事を執筆した。フリーランス表現者43人が提起した秘密保護法違憲訴訟、最大の山場「原告本人尋問」で重体な事実がつぎつぎに明らかになっている。この法律は廃止するしかない。

|

« 小泉・竹中路線の直接被害者 日本郵政1万4千人雇止め訴訟 | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/62042330

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密法裁判で重大事実発覚。人質事件の文書、戦死想定の隊員家族連絡カード、総連元幹部宅狂言強盗、Nシステム…:

« 小泉・竹中路線の直接被害者 日本郵政1万4千人雇止め訴訟 | トップページ