« 「ブラック大学 早稲田」(同時代社)営業日記⑤15店舗目で初めて自著を発見 | トップページ | 最低賃金未満、常勤の論文作成に駆り出され、給与や交通費も遅延――これが早稲田大学日本語教育研究センターの実態だ! »

2014年4月27日 (日)

レイバーネットで「ブラック大学早稲田」を松村比奈子委員長が解説

最初のニュースでフリーランスによる秘密保護法違憲確認・施行差し止め裁判について。特集は50分程度「台湾の学生運動」について。1時間5分から「ブラック大学 早稲田」の実態と非常勤講師ユニオンの大活躍で、大学理事会が大幅譲歩するまでになったことが語られています。ブラックのなかにも光が……。

Labpur_net_040909

左はレイバーネットTVキャスターの松元ちえさん[ジャーナリスト)。右は首都圏大学非常勤講師組合の松村比奈子委員長。

 下記の「レイバーネットTV67号」の65分あたりから、首都圏大学非常勤講師組合委員長の松村比奈子さんの話。とてもわかりやすい。松村さんから「ブラック大学早稲田」(同時代社)には、「赤本に対して黒本の第一号」「対ブラックの傾向と対策が書かれている」と言われ、その視点にハッとさせられるものがありました。

視聴は下記をクリック

http://www.ustream.tv/recorded/45941442

|

« 「ブラック大学 早稲田」(同時代社)営業日記⑤15店舗目で初めて自著を発見 | トップページ | 最低賃金未満、常勤の論文作成に駆り出され、給与や交通費も遅延――これが早稲田大学日本語教育研究センターの実態だ! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/59539167

この記事へのトラックバック一覧です: レイバーネットで「ブラック大学早稲田」を松村比奈子委員長が解説:

« 「ブラック大学 早稲田」(同時代社)営業日記⑤15店舗目で初めて自著を発見 | トップページ | 最低賃金未満、常勤の論文作成に駆り出され、給与や交通費も遅延――これが早稲田大学日本語教育研究センターの実態だ! »