« 四十七士を目指す 秘密保護法違憲確認・差し止め請求訴訟の原告四十三人 | トップページ | 東京新聞一面に「ブラック大学早稲田」の広告 »

2014年4月26日 (土)

暴走する早稲田大学 非常勤講師のさらに3分の1で働く最低賃金以下のインストラクターを違法に切り捨て

早稲田大学の暴走が止まらない。5年で雇止めの就業規程を強行するための過半数代表選挙が偽装されたとして非常勤講師15人が鎌田薫総長ら理事18名を刑事告訴した件は昨年12月20日付で東京地検が不起訴を決定したものの、紛争は長期化の様相を見せている。英語授業の外部委託で偽装請負の疑いがあることに加え、留学生に日本語を教える日本語インストラクター20人(推定/大学側は正確な人数を発表していない)を今年3月で違法に雇止めしようとしているのだ。専任教員よりも1授業当たりの収入が8分の1しかない非常勤講師(1コマ年33万6千円~36万1200円)より、さらに低い報酬(同12万~21万円)で差別的に搾取される日本語インストラクターは、専任教員天国である「早稲田ピラミッド」の最下層で、まさに〝第四身分〟に押し込められ、雇用まで奪われようとしている.(以下マイニュースジャパンで)

|

« 四十七士を目指す 秘密保護法違憲確認・差し止め請求訴訟の原告四十三人 | トップページ | 東京新聞一面に「ブラック大学早稲田」の広告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/59534262

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走する早稲田大学 非常勤講師のさらに3分の1で働く最低賃金以下のインストラクターを違法に切り捨て:

« 四十七士を目指す 秘密保護法違憲確認・差し止め請求訴訟の原告四十三人 | トップページ | 東京新聞一面に「ブラック大学早稲田」の広告 »