« ある意味で自民党改憲草案は明治憲法より悪い | トップページ | 秘密保護法時代のジャーナリスト&ブロガー »

2013年11月21日 (木)

11月24日(日)第30回トヨタシンポジウム「「グローバル社会の中で日本の労働問題はどうなるのか~トヨタグループ企業から見る」

下記のとおり講演に招かれました

2013年11月24日(日)
午後1時30分開始
愛知県刈谷市 「刈谷市産業振興センター」604会議室

第30回トヨタシンポジウム  林克明(ジャーナリスト)
「グローバル社会の中で日本の労働問題はどうなるのか~トヨタグループ企業から見る」

2013年11月24日(日)
午後1時30分開始
愛知県刈谷市 「刈谷市産業振興センター」604会議室...
http://www.city.kariya.lg.jp/shisetsu/sangyokeizai/sangyokoshinsenta/index.html

30年にわたって着々と進められてきたグローバル化、ブラック国家化の実態をお話したいと思います。中小零細企業経営者と労働者は、ふんだりけったりの時代に入っています。それをはねのけて頑張ろう、という呼びかけ、元気付もしたいですね。

 資料代はたぶん200円くらい。ぜひご来場ください。

|

« ある意味で自民党改憲草案は明治憲法より悪い | トップページ | 秘密保護法時代のジャーナリスト&ブロガー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/58616329

この記事へのトラックバック一覧です: 11月24日(日)第30回トヨタシンポジウム「「グローバル社会の中で日本の労働問題はどうなるのか~トヨタグループ企業から見る」:

« ある意味で自民党改憲草案は明治憲法より悪い | トップページ | 秘密保護法時代のジャーナリスト&ブロガー »