« 原発フィクサーと書いたら名誉棄損6700万円の損害賠償を記者個人が請求された | トップページ | ワタミグループで時給856円のパートを陰湿いじめ »

2012年12月31日 (月)

自ら命を絶った痴漢冤罪の青年の死後に新宿警察がしたこと

 新宿駅の階段付近で痴漢の濡れ衣で女性の連れから暴行を受けた青年が自殺してから3年がすぎた。母親が国家賠償請求をしており、そのなかで被疑者の死亡後に警察が”特命捜査本部”を設置している事実がわかった。その意味を探る記事をマイニュースジャパンに書いた。どうぞ、よんでください。2012年締めくくりの記事です。

http://www.mynewsjapan.com/reports/1751

|

« 原発フィクサーと書いたら名誉棄損6700万円の損害賠償を記者個人が請求された | トップページ | ワタミグループで時給856円のパートを陰湿いじめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/56432931

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら命を絶った痴漢冤罪の青年の死後に新宿警察がしたこと:

« 原発フィクサーと書いたら名誉棄損6700万円の損害賠償を記者個人が請求された | トップページ | ワタミグループで時給856円のパートを陰湿いじめ »