« 佐藤正久議員と映画『名誉と栄光のためでなく』 | トップページ | 3月17日(土)平成の不平等条約TPP  大野和興氏講演 »

2011年12月 1日 (木)

新宿警察で痴漢容疑[冤罪)で調べられた青年の自殺

 このところ検察・警察・裁判所に対する不信が広がっている。彼らは癒着し横暴をほしいままにしているからである。そのひとつ、新宿警察署における重大事件を最近記事にした。

 原田信助はなぜ命を絶ったか-1 痴漢えん罪の青年が自殺「息子は新宿署の取調べに絶望した」

http://www.mynewsjapan.com/reports/1529

 20091210日夜、原田信助(当時25歳)さんはJR新宿駅で痴漢と間違われ女性の連れの2人から暴行を受けた。身の危険を感じた彼は110番通報。ところが新宿署は、暴行被害者を痴漢事件の被疑者として取り調べ、釈放した。その足で信助さんは、母校に近い地下鉄早稲田駅に行き鉄道自殺を遂げた。49日後、新宿署は、被害届なし、調書なしで、原田さんを書類送検(不起訴)した。ところが新宿署は「痴漢の事実がなく、服装がまるで違っていた」と、自ら文書を残していることが、後に発覚した。母親は今年426日、東京都(警視庁)を相手取り、国家賠償請求訴訟を起こした。(訴状と交番内の音声<MP3形式>は記事中で再生可)

|

« 佐藤正久議員と映画『名誉と栄光のためでなく』 | トップページ | 3月17日(土)平成の不平等条約TPP  大野和興氏講演 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/53381310

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿警察で痴漢容疑[冤罪)で調べられた青年の自殺:

« 佐藤正久議員と映画『名誉と栄光のためでなく』 | トップページ | 3月17日(土)平成の不平等条約TPP  大野和興氏講演 »