« 太田光征「日常の中に食い込むメディアアクションと主権者独自の調査・分析活動」 | トップページ | 黒薮哲哉「読売による言論弾圧」 »

2010年5月21日 (金)

木村三浩「映画『靖国』を巡る顛末

木村三浩さんは民族主義団体「一水会」代表。5/23第二言論サミットで発言する人のほとんどがリベラル左派ないし自由民権派(私の言葉です)に属するなかで、異色の存在に感じられるかもしれない。しかし私から言わせれば、まったく違和感がない。

http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-bbd5.html

|

« 太田光征「日常の中に食い込むメディアアクションと主権者独自の調査・分析活動」 | トップページ | 黒薮哲哉「読売による言論弾圧」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/48418271

この記事へのトラックバック一覧です: 木村三浩「映画『靖国』を巡る顛末:

« 太田光征「日常の中に食い込むメディアアクションと主権者独自の調査・分析活動」 | トップページ | 黒薮哲哉「読売による言論弾圧」 »