« 阿部めぐみ「新宿西口 反戦スタンディング」 | トップページ | 矢崎栄司「ジャーナリズムとミニメディア(微小)の可能性」 »

2010年5月21日 (金)

伴英幸「原子力政策の転換を求め続けてー430号を超えた私たちの月刊誌ー」

 原子力資料情報室は1975年設立の民間調査機関であり、原発(原子力)なき社会の構築をめざす市民運動団体でもある。共同代表の伴英幸さんの発言テーマにあるように、月刊誌も実に創刊から430号を迎えた。

http://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/430-e9a6.html

|

« 阿部めぐみ「新宿西口 反戦スタンディング」 | トップページ | 矢崎栄司「ジャーナリズムとミニメディア(微小)の可能性」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/48419784

この記事へのトラックバック一覧です: 伴英幸「原子力政策の転換を求め続けてー430号を超えた私たちの月刊誌ー」:

« 阿部めぐみ「新宿西口 反戦スタンディング」 | トップページ | 矢崎栄司「ジャーナリズムとミニメディア(微小)の可能性」 »