« 小沢一郎土地取引 検察の暴走の背後にアメリカあり | トップページ | 本日2月18日 日本山妙法寺 寺沢潤世上人に聞く西アジアの情勢 »

2010年2月 8日 (月)

隔離部屋のトヨタ系社員は語る 通勤車が事故寸前も実態調査せず

 トヨタ系列の自動車部品メーカー・ファインシンターの社員(37歳)は、障害者の賃金が不当に削られていることを労基署に報告するなど、会社側の不正を指摘し、改善させたことがある。職場での差別やイジメにも抗議していた。だが、もの言う社員に対する会社側の嫌がらせはエスカレートした。2007年6月には、会社の駐車場内で通勤車の4本のタイヤすべて同じ位置にビスやガラス破片が刺さる事件が起きたが、会社は目撃者探しの貼り紙をしただけ。上司3人から「もう何も言うな、組織にさからうな」と言われ、ついには特別につくられた隔離部屋に“収容”されてしまった。

マイニュースジャパン記事へ

|

« 小沢一郎土地取引 検察の暴走の背後にアメリカあり | トップページ | 本日2月18日 日本山妙法寺 寺沢潤世上人に聞く西アジアの情勢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/47514396

この記事へのトラックバック一覧です: 隔離部屋のトヨタ系社員は語る 通勤車が事故寸前も実態調査せず:

« 小沢一郎土地取引 検察の暴走の背後にアメリカあり | トップページ | 本日2月18日 日本山妙法寺 寺沢潤世上人に聞く西アジアの情勢 »