« 検察は国家公務員法違反ではないのか | トップページ | 小沢一郎事件と預金担保(預担) »

2010年1月14日 (木)

原口総務相の記者会見に初参加

 1月12日夕方から総務省で行われた原口大臣の会見に初めて参加した。主催は記者クラブだ。数日前に、記者クラブ加盟社以外の人の記者会見参加をめぐって、「事件」が起きたから、私は急きょ総務省に出かけて行ったのだった。

 原口一博総務大臣の提案で記者会見のオープン化が始まって、ネットメディやフリーの記者も記者会見に参加できることになった。権力側が言い出して実現するというのもへんだ。本来なら、記者クラブこそが率先して実現すべきだと思う。

オープン記者会見初日には、アワープラネットTVの白石草(はじめ)さんが出席し、質問した。すると会見終了後に幹事社の朝日新聞社に怒られてしまった。参加はいいが質問はダメだったということだった

 その後も電話で失礼なことを言われたというのを聞いて、私はまずは現場に行こうと、総務省記者クラブを訪ねたのだった。

 入口からはいると記者クラブ撮影禁止などと貼り紙がしてあった。受付のようなところで記者会見に参加してい旨を告げると、申込用紙を渡されたので必要事項を書いた。

 今日は、参加だけで質問はできないことも告げられた。本格的に参加したい場合は、申込書と掲載記事などを送って審査してもらうのだという。そこで、印刷物をもらった。

 その印刷物によると、記者会見参加の要件は次のとおり。

①日本民間放送連盟会員社に所属する記者

②日本雑誌協会会員社に所属する記者

③日本専門新聞協会会員社に所属する記者

④日本インターネット報道協会法人会員社に所属する記者

⑤日本外国人特派員協会(FCCJ)会員社に所属する記者および外国記者登録証保持者

⑥上記①から⑤に該当しない記者で、総務省記者クラブ加盟社および上記①から⑤に掲げる企業・団体が発行する媒体に定期的に記事等を提供する者。

 まずはオブザーバー参加ということで聞いていた。

  正式に参加するには申し込み用紙に、上の⑥にあるように記事などの資料を添付して判断を受けるしかない。厳密にあるいは杓子定規に上記の規定で見ると、私は正式に参加できなくなってしまう。

 私が継続して寄稿しているのは『週刊金曜日』や『マイニュースジャパン』あるいは専門誌だから、どうなってしまうのか。それに単行本も私は出しているが、これは対象にはならないのだろうか。

 というようなこともあり、総務省記者クラブは、さらなる記者会見のオープン化を巡って議論されるという。ぜひ、私も参加していのでお願いしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月16日(土)午後2時開始(開場1:30)

「イラク戦争 何だったの?」 講師 志葉玲氏(ジャーナリスト)

|

« 検察は国家公務員法違反ではないのか | トップページ | 小沢一郎事件と預金担保(預担) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/47290979

この記事へのトラックバック一覧です: 原口総務相の記者会見に初参加:

« 検察は国家公務員法違反ではないのか | トップページ | 小沢一郎事件と預金担保(預担) »