« 1月11日 イスラエルのガザ攻撃反対のデモ | トップページ | マスコミのガザ攻撃報道はおかしい! »

2009年1月 9日 (金)

1月18日 市民連帯創立1周年総会&記念講演に結集を!!

 今年の政治のテーマが「政権交代」である、と主張する人に反対はしない。しかし、私にとって今年2009年は、諸悪の根源である小選挙区二大政党制反対運動を本格化させる第一歩と考えている。小選挙区に反対し、二大政党制に反対する「市民連帯」(政治の変革を目指す市民連帯)が発足1周年を迎える。

◇諸悪の根源は小選挙区二大政党制

 確かに、小選挙区制は政権交代がしやすくなる。しかし政権交代は、政治をよくするための手段であって目的ではない。

 小選挙区制による選挙が実施されたのは1996年10月の衆議院選挙からだ。

 それから12年が過ぎた。

これで日本がよくなったのか?

民主化が進んだのか?

人権を守る国になったのか?

生活レベルが上がったのか?

平和になったのか?

答えは「否」---である。

 戦地のイラクに自衛隊が派遣され、日の丸君が代の強制で何百人もの先生が精神疾患に陥り、監視カメラでかんじがらめ。労働法制の改悪で貧困層は拡大する一方だ。教育の質も落ち、大学にいたっては、ただの企業とかわりない。

 こうなった大きな原因は、小選挙区制度にある。これによって自民党と民主党だけが政党かのようになってきたしまったのだ。似たような政党が交互に政権交代をして少数者を排除するシステムだ。

 小選挙区選挙が実施されて以降、社会党(社民党)と共産党の議席が大幅に減った。このことが国会から緊張感をなくし、政治を急速に保守化させた。イラク特措法、イラク派遣、教育基本法改悪、防衛庁の省昇格・・・これらによって日本の状況は悪化したと私は断定している。

 ついでながら、社共の衰退も痛いが、市場原理主義&新自由主義に明確に反対している保守政党=国民新党も無視されているのが私には気がかりだ。民主党より、目指す方向が(賛否はともかく)明確な政党なのに・・・。

 アメリカなど、私から言わせれば、ゆるやかな一党支配体制・一党独裁体制である。ここでは詳しく触れないが、アメリカの民主党も戦争政策侵略政策を続けてきたことは共和党と変わりない。

 この選挙制度に反対することを大きな目標に掲げているのが「市民連帯」なのである。ぜひ皆さん、会員になってください。

 申込方法はこちらhttp://www.siminrentai.com/

 (トップページ左側の「会員募集」の欄を参考にしてください)

以下は、1周年記念講演の案内(市民連帯ホームページから転載)です。

 憲法第9条と平和維持活動

             国際紛争の現場体験から

     講演:伊勢崎賢治 東京外語大学教授

●日時:09年1月18日(日) 6時~

場所:アカデミー茗台 学習室A(地下鉄茗荷谷駅の改札を出て、目の前の通りを右折して10分歩き、右側)中学校の校舎の一部を利用している施設です。

・TEL03(3817)8306

・東京都文京区春日2-9-5

・地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1995

●参加費:700円(会員以外の方も参加できます)

 イラクでもアフガンでも戦火はつづいています。東チモールでもシェラレオネでもスリランカでもアフリカでも同じです。米軍による侵略と軍事介入が平和をもたらすことはありませんが、国際連合は、平和を創造するためにさまざまな活動を展開しています。

 世界各地での国際紛争の現場に出かけて、紛争の処理に従事した経験をもつ伊勢崎さんから、その実際の活動を語っていただきます。憲法9条のもとで、何が可能なのか。どうしたら、戦禍をなくし、平和をたぐり寄せることができるのか。国際政治の現場の構造を良く理解することが、その出発点にならなくてはいけません。そして、討論し、行動しよう!

 あの郵政選挙(2005年9月11日)では、小選挙区で自民党は48%の得票で73%の議席を獲得。比例代表での自民党は得票率 38%しかなかった。連立与党の公明党票もいれても、ちょうど半分くらい。それなのに3分の2議席を閉めて、悪法の強行採決を何度もやった。

|

« 1月11日 イスラエルのガザ攻撃反対のデモ | トップページ | マスコミのガザ攻撃報道はおかしい! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/43690878

この記事へのトラックバック一覧です: 1月18日 市民連帯創立1周年総会&記念講演に結集を!!:

» 【再掲】CS「韓国併合」100年にむけて [ロシア・CIS・チェチェン]
{{{ 話題提供:岡田卓己さん(韓国・啓明文化大学招聘教授、「『韓国併合』100年      市民ネットワーク」共同代表、CS会員、川崎市出身・韓国在住) 日  程:2009年1月11日(日曜日) 時  間:午後6時00分開始(5時30分開場) 場  所:川崎市中原市民館3F第2会議室(JR南武線または東急東横線武蔵小杉駅より徒歩約5分) 所 在 地:川崎市中原区小杉町3−262−1(電話044−722−7171) 参 加 費:500円(懇親会費は別) 主  催:政治の変革をめ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 16時30分

« 1月11日 イスラエルのガザ攻撃反対のデモ | トップページ | マスコミのガザ攻撃報道はおかしい! »