« サミット反対渋谷デモで騒然 | トップページ | フジTV「とくダネ!」とミサイル着弾情報 »

2008年7月 1日 (火)

スピリチャルブームの問題点 7月10日講演

 オーラの泉・江原啓之・美輪明宏によって、空前のスピリチャル・ブームだ。なぜこれだけ流行るのか、どんな社会的影響があるのか、そのことに私は興味がある。7月10日午後6時30分(開場6時)から「スピリチャル・ブームの問題点」という講演会がある。

 主催は「市民連帯」。小選挙区二大政党制に反対する市民団体だが、いろいろな話題を話し合うミニ講演会「CSひろば」を続けている。今回はその第六回にあたる。

 世の中のいろいろな問題を考えたり行動したりするとき、二つのことを考慮するのが大切だと私は日ごろから思っている。

(1)情緒・感情・感性・目で見えないもの・科学で説明できないもの。

(2)論理・科学・合理・目で見えるもの・科学で説明できるもの。

 この二つバランスを極端に欠くと、反動は大きくなる。たとえば、ここ10年近く続いている成果主義・規制緩和・自由化・民営化、という新自由主義は、完全に(2)のカテゴリーに入る。わかりやすくいえば、経済も社会も政治も、強制的にアメリカ型にされている。

 その反動として、反貧困を訴えて現状を批判し改革しようというプレカリアート運動や労働運動がさかんになりつつある。これが一つの対抗のあり方だが、こうした具体的行動をしない人たちの多くが、スピリチャリズムなどによって癒しを得ている。ありは「千の風にのって」という歌がヒットしている。あれはスピリチャリズムだ。

 私個人はどうかと言えば、スピリチャル的なるもの(目に見えないものと非合理的なものという意味)と、具体的に現状を改革しようとする行動の両方に影響されている。

 個人の癒しは大切だが、社会の矛盾から目をそらしたり、責任者追及がないがしろにされる恐れがスピリチャリズムにある。私はそう思っている

●日 時:  7月10日() 午後6時30分(午後6時開場)  

●テーマ: スピリチュアル・ブームの問題点

●会 場: 文京区民センター(地下鉄・後楽園駅・春日駅) 

●話題提供: 平岡厚さん(杏林大学教授) 
 
●参加費: 500円        
主催の「市民連帯」ホームページ

http://www.siminrentai.com/

|

« サミット反対渋谷デモで騒然 | トップページ | フジTV「とくダネ!」とミサイル着弾情報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/41702687

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチャルブームの問題点 7月10日講演:

« サミット反対渋谷デモで騒然 | トップページ | フジTV「とくダネ!」とミサイル着弾情報 »