« 報道ステーション「プーチン王朝の闇」 | トップページ | 「暴走する下関市教育長」への抗議 »

2008年7月25日 (金)

小選挙区制NO!二大政党制神話の罠

 ついに待望の本(パンフレット)が出た。48パーセントしか得票していなかった自民党が73%の議席率。公明党を足して議会の3分の2を牛耳り、その後は議会制を無視し、強行採決の連続だった。それができたのも、民意を反映しない民主主Photo 義破壊制度である小選挙区。廃止すべきだ。

「小選挙区制NO! 二大政党制神話の罠」

あとがき

 もしもこの世から、ライスカレーとカレーライス以外の食べ物が無くなったとしたら、私は生きていく気力を失う。むろん、餓死よりはマシだとわかっていても・・。

 

ところが政治的には、このような無謀で非文明的なことが私たちに強制されているのだ。二大政党制のことである。表向きは二つのメニューだが、中身は同じ“カレー党”に他ならない。似たような政策の巨大政党が政権を交互に担うのが二大政党制。だから、権力者の策略しだいでは、ソフトな独裁政治を延々と続けることも可能である。

また、古くから二大政党制が定着しているアメリカとイギリスが、イラク侵略戦争を遂行していることからも、戦争を起こしやすいシステムとも言えるだろう。何しろ郵政選挙(2005年9月11日)のとき、小選挙区で48%の得票率しかなかった自民党が73%の議席を獲得し、公明党の議席を加えて強行採決の連続。

“戒厳令”も布告されていないのに国会が事実上停止状態で、過半数の有権者を完全に無視する独裁政治が現出した。本気で戦争を遂行しようと思えば、不可能ではない。

何をどう頑張ったって、カレーライスかライスカレーしか食べられないのだから、政治に絶望しても当然だ。この絶望(二大政党制)を生みだす元凶が小選挙区制に他ならない。ならば廃止しようではないか。

21世紀になってから、私は、人権・平和・言論の自由などを守り発展させようとする人やグループに接するようになった。彼ら自由民権派が共通して言うのは(1)野党共闘と(2)小選挙区二大政党制廃止の必要性である。ところが、このような非民主的制度に真っ向から反対する組織なり政治運動がないのだ。

それならば我々がやろうと、084月、同志が集まって「小選挙区制廃止をめざす連絡会」を結成した。連絡会の活動の第一歩が本書の刊行である。この本には、なぜ小選挙区二大政党制が日本を悪くするのか、外国の選挙制度はどうなのか、民意を反映する選挙制度案など、盛りだくさんの内容が示されている。私たちは常に仲間を募っている。本書を武器として反対運動を起こそう。

人間の真価が問われるのは、巨大な流れに抗するときだと思う。たとえば、小泉純一郎の支持率が85%と発表されたその日に、「小泉反対!!」と叫んで街頭に出ること。また、小選挙区ゆえに初めて政権交代が現実化している今この瞬間にこそ、小選挙区二大政党制反対の声をあげるのだ。

 二〇〇八年六月  林克明 (ノンフィクション・ライター)

|

« 報道ステーション「プーチン王朝の闇」 | トップページ | 「暴走する下関市教育長」への抗議 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/41969665

この記事へのトラックバック一覧です: 小選挙区制NO!二大政党制神話の罠:

» 【転載】小選挙区制NO!二大政党制神話の罠 [ロシア・CIS・チェチェン]
{{{ ついに待望の本(パンフレット)が出た。48パーセントしか得票していなかった自民党が73%の議席率。公明党を足して議会の3分の2を牛耳り、その後は議会制を無視し、強行採決の連続だった。それができたのも、民意を反映しない民主主義破壊制度である小選挙区。廃止すべきだ。 もしもこの世から、ライスカレーとカレーライス以外の食べ物が無くなったとしたら、私は生きていく気力を失う。むろん、餓死よりはマシだとわかっていても・・。 ところが政治的には、このような無謀で非文明的なことが私たちに強..... [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 17時29分

» ヨーロッパの地方自治と選挙選挙――前犬山市長・石田芳弘さん講演会の報告 [平和への結集ブログ]
 みどり千葉が8月3日に開催した表記講演会に参加してきました。スウェーデンでは地方議会選挙も比例代表制で行われ、行政ポストは議員が務め、獲得票に基づき各党に比例配分される…。民意を反映した議会が行政を動かす仕組みができあがっています。強大な権限を持つ首長...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 22時04分

« 報道ステーション「プーチン王朝の闇」 | トップページ | 「暴走する下関市教育長」への抗議 »