« 日本史上初 首相問責決議案可決 | トップページ | 秋葉原通り魔事件と格差社会とTVコメンテーター »

2008年6月12日 (木)

前原誠司民主副代表(前代表)は自民党へいくのか?

 民主議員の有志が、前原誠司氏に退場勧告を出したという。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080612-00000002-jct-soci

 前回のブログで、首相問責決議を上程するのが遅すぎた、と書いた。この件に関しても前原氏に対する退場勧告は、遅すぎる。民主党は亀さんなのだろうか。

 前述の記事では、3名の民主党議員が”退場勧告メール”を送ったという。少なすぎる。

 理由は、あまりにも目立つ自民党寄りの姿勢を批判してのことだ。確かに、頭の中身は自民党である。これまで私の周囲で、彼を支持する人に出会ったことがない。この人は、民主党をつぶすために民主党にいるのではないかとさえ思う。

確かに、自民党にとって、前原氏が民主党内にいてくれたほうが都合がいいかもしれない。そういう人物をこれまでほとんどおとがめなしにしてきた民主党。しかも代表にまで持ち上げ、いまだに副代表た。

 これだけでも、やる気がない政党だとわかる。改革する気がないという意味だ。

|

« 日本史上初 首相問責決議案可決 | トップページ | 秋葉原通り魔事件と格差社会とTVコメンテーター »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/41514119

この記事へのトラックバック一覧です: 前原誠司民主副代表(前代表)は自民党へいくのか?:

« 日本史上初 首相問責決議案可決 | トップページ | 秋葉原通り魔事件と格差社会とTVコメンテーター »