« 三浦和義とイージス艦「あたご」と共謀罪 | トップページ | ヒゲ隊長の陰謀-日本軍国化のたくらみ »

2008年3月 7日 (金)

3月15日パレスチナ緊急報告

JVJA(日本ビジュアル・ジャーナリスト協会)

パレスチナ緊急報告
「なぜガザ住民は封鎖・大量殺害されるのか」

 パレスチナ・ガザ地区へのイスラエルの攻撃によって、3月1日だけでも60人を超え(2000年に第2次インティファーダ以来、1日の死者数では最悪)、2月27日からの5日間で、パレスチナ人100人以上が殺害されたと報道されています(3月3日現在)。

 イスラエル側は、パレスチナ人武装グループのロケット弾攻撃によってイスラエル人市民1人が犠牲になったことへの『報復』だと主張しています。

 近い将来、イスラエル軍によるガザ地区への大規模な侵攻も予想され、その犠牲者数は前例のない規模になる恐れがあります。

 一方、150万のガザ住民は、昨年6月以来、いっそう強化されたイスラエルによる封鎖で、食料、生活物資や医薬品がガザ地区にほとんど搬入されなくなりした。また、がん患者など重病患者もエジプトなどで治療を受けられず死亡する例も急増しています。

 なぜガザの住民は、これほどの苦難を強いられるのか。6月以来、ハマスが実効支配するガザ地区はどうなっているのか。民衆はそのハマスをどう観ているのか。イスラエルはなぜガザ攻撃を繰り返すのか。そしてガザ地区とパレスチナはどうなっていくのか――

 長年、パレスチナ取材を続けてきたJVJA会員による緊急報告です。

【内容】

1) ガザ空爆と侵攻の被害状況・最新映像(解説・土井敏
邦)



2)      古居みずえ・報告

*     映像上映「ガザ住民の生活の現状」(古居みずえ・撮影/編集)

*     解説(予定) 



3)      土井敏邦・報告

*     映像上映「ガザはどうなっているのか」(土井敏邦・撮影/編集)

       (第一部)封鎖と民衆

       (第二部)ハマスと民衆

*     解説



4)      質疑応答





【日時】  2008年3月15日(土)
【時間】  開場13:00 /映像上映・講演 13:30~16:30



【場所】  明治大学リバティータワー 9階 1096教室 

http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【資料代】 1,000円

【共催】  現代史研究会/日本ビジュアル・ジャーナリスト
協会(JVJA)

【お問合せ】 JVJA事務局  090-6101-6113   
office@jvja.net
       ※先着順(予約は必要ありません)定員140名



*     報告者・内容は事情により一部変更になる可能性がございます。

また、定員を超えた場合は会場収容人員の都合により、ご入場を制限いたします。

あらかじめご了承ください

|

« 三浦和義とイージス艦「あたご」と共謀罪 | トップページ | ヒゲ隊長の陰謀-日本軍国化のたくらみ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/40406882

この記事へのトラックバック一覧です: 3月15日パレスチナ緊急報告:

« 三浦和義とイージス艦「あたご」と共謀罪 | トップページ | ヒゲ隊長の陰謀-日本軍国化のたくらみ »