« 沖縄 怒りの全島抗議行動 | トップページ | 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 »

2007年10月 2日 (火)

10月3日 長井健司氏殺害 ビルマ(ミャンマー)緊急集会

 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)は、軍事政権下にあるビルマ(ミャンマー)の旧首都ヤンゴンで、9月27日の一般市民らによる平和的な反政府デモの取材中、治安部隊の兵士により銃で至近距離から狙い撃ちされ、殺害された日本人ジャーナリストの長井健司氏の死に対し、ビルマ(ミャンマー)の軍事政権に強く抗議をするものである。

 長井氏が殺害される瞬間の映像から、治安部隊が取材中である長井氏を射殺した経緯が明らかであり、「長井氏が観光ビザで入国しデモを取材中に巻き込まれたために死亡した」という国営テレビによる報道は、自由な報道を全く許さずに政府の広報機関としての機能を担う国営メディアを使い、当局が殺害の責任と国際社会からの非難を回避しようとする意志が読みとれる。こうした当局の報道に対しても抗議するものである。

 軍事政権及び当局は速やかに長井氏のご遺族に謝罪するべきである。また、平和的な反政府デモに対する武力弾圧という蛮行を速やかに止め、撮影機材の押収や、ジャーナリストに対する脅迫と暴行、身柄の拘束など、事実を取材し報道しようとする内外のジャーナリスト及び報道機関の権利を踏みにじる一切の行為を止めるべきである。

 また、8月以来ビルマ(ミャンマー)各地で行われてきた反政府抗議行動に対しての軍事政権による暴力的鎮圧と武力行使は、辺境地域の少数民族に銃口を向け、数十年来にわたり政府軍が無数の自国民を殺戮してきた軍事政権の一貫した方針を証明したにすぎない。

 この間、国連をはじめとする国際社会が軍事政権に対して毅然とした外交姿勢をとっているにも関わらず、長井氏殺害事件が起きる直前まで、事態を静観し発言を控えてきた日本政府の人権を軽視した、あいまいで軍事政権に対し寛容と思える外交姿勢に強い疑念を覚えるものであることも付記しておきたい。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
2007年9月30日



なお、JVJAは以下の要綱で、緊急集会を開催します。殺された長井氏撮影の映像(おそらくイラクが中心)も当日の集会で公開します。


「ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会 ~ これまで何が起き
てきたのか」

■10月3日(水曜日)
開場 午後6時30分 開会 6時45分~8時30分

■明治大学リバティータワー 1114教室
JR御茶ノ水駅下車 徒歩3分

http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

■定員 130名限定 当日受付のみ・先着順 
※満員になり次第、受付・入場を終了します。会場収容人員の
都合上、あらかじめご了承ください

■参加費 1000円

■連絡先 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会事務局
      TEL 090-6101-6113  E-mail
office@jvja.net

(報告者)

・山本宗補(フォトジャーナリスト)
・吉田敏浩(フリージャーナリスト)
・根本敬(上智大学教授、ビルマ近・現代史専門)
・ポーンミントゥン(在日ビルマ人活動家)

※APF通信社より長井健司氏の関連映像を提供(5分程度)予定。
また、報告者・発言者は事情により変更になる場合がございま
す。あらかじめご了承ください

|

« 沖縄 怒りの全島抗議行動 | トップページ | 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/16639931

この記事へのトラックバック一覧です: 10月3日 長井健司氏殺害 ビルマ(ミャンマー)緊急集会:

« 沖縄 怒りの全島抗議行動 | トップページ | 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 »