« 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 | トップページ | 10月20日(土)テロ新報反対集会とデモ »

2007年10月12日 (金)

10月13日「踊れグローズヌイ」上映&ミニ講演

 10月13日(土)午後2時(開場1時30分)から、「さいたま市民会館うらわ」で映画「踊れグローズヌイ」の上映会がある。主催者に招かれたので、上映前に30分ほどチェチェンの写真約10枚見てもらい、ミニ講演会を開催します。(主催アムネスティ・インターナショナル日本)

「踊れ、グローズヌイ」

・デ・監督ヨスプッター 2002年作品 75

製作ツェッパー・プロダクションズ+イコン

国際配給アイデアル・オーディエンス・インターナショナル

日本語版字幕製作アムネスティ・インターナショナル日本

+東京シネマ新社

1回シカゴ国際ドキュメンタリー映画祭グランプリ(2003年)

コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭CPH:DOX:2003大賞

13回サンクト・ペテルブルグ「人類へのメッセージ」国際映画祭ケンタウロス賞

トリノ・シネマビエンナーレ最優秀作品賞

モントリオール「芸術」映画祭最優秀作品賞

あらすじ

ロシア占領下のチェチェン共和国。首都グローズヌィにあって、チェチェン民族舞踊の名手ラムザン・アフマードフは、戦火に追われて散り散りになった子ども達を集めて、自らの児童民族舞踊団「ダイモーク(我が祖国の意)」を再組織した。そして、夏休みに一台のバスに全員が乗り込んで、西欧諸国への資金稼ぎを兼ねた公演旅行にでる。公演にはもう一つ、「チェチェン人はテロリストではなく、普通の人間だ」ということを西側の人びとに伝える目的もあった・・・。

このドキュメンタリーは、グローズヌイでの緊張した廃墟の中での暮らしと、公演旅行中の華やかな舞台シーンを交錯させながら、いかなる逆境が訪れようとも、絶望することなく、生き続けようとする「屈せざる民族」の気概を伝統的な民族舞踊に託して描き上げた。

日 時 :20071013

(土)

     1330〜開場 14001600 上映

場 所 :

さいたま市

民会館うらわ(パインズホテル裏)

     TEL.048-822-7101

     JR

浦和駅

西口 徒歩9

参加費 :800円(高校生以下無料)

|

« 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 | トップページ | 10月20日(土)テロ新報反対集会とデモ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/16737159

この記事へのトラックバック一覧です: 10月13日「踊れグローズヌイ」上映&ミニ講演:

« 長井健司氏が伝えたかったビルマ(ミャンマー)の現状 | トップページ | 10月20日(土)テロ新報反対集会とデモ »