« 投票のポイント② 与党過半数割れ | トップページ | グッドウィルユニオンが抗議行動 »

2007年7月18日 (水)

木下恵介監督再評価 彼と戦争

■7月19日(木)18時30分~
「木下恵介監督再評価 彼と戦争」

 阿佐ヶ谷市民講座からのお知らせ

木下恵介監督―日本で最初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」〔1951年〕や「二十四の瞳」「喜びも悲しみも行く歳月」「楢山節考」などの作品で知られる映画監督。彼が戦前に大日本帝国陸軍から依頼されて作った作品が「陸軍」〔1944年〕である。この戦前と戦後の「落差」の意味を今改めて彼の作品を映像で見ながら考えたい。会場で作品が上映されます。
講師 白井佳夫さん〔映画評論家 呼びかけ人〕

 今回テーマになる「陸軍」は火野葦平の原作だ。「麦と兵隊」「土と兵隊」「花と龍」などで知られるベストセラー作家である。

 好きなわけではないが、私はこの作家に非常に興味がある。大げさに言えば、今の日本と未来を考える上で極めて重要な作家だとさえ思っている。

 さて、映画化された「陸軍」だが、ラストシーンは有名である。息子が出征するときに街を行軍する。大勢の人が見送るなか、田中絹代演じる兵士の母が、必死で息子の姿を追いつづける様子がずっと映し出される。

 白井吉佳夫さんがどんなことを話すのか、楽しみだ。

■7月19日(木)18時30分~
「木下恵介監督再評価 彼と戦争」
参加費 1000円(学生500円) 

会場  劇団展望 J
R阿佐ヶ谷南口歩10分(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32) 

|

« 投票のポイント② 与党過半数割れ | トップページ | グッドウィルユニオンが抗議行動 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/15804881

この記事へのトラックバック一覧です: 木下恵介監督再評価 彼と戦争:

» みひろvs劇団ひとり 【キス我慢選手権リターンズ】ーはっきり言ってやばすぎます・・。 [カメラ屋 店長のすべて話します。]
みひろvs劇団ひとり 【キス我慢選手権リターンズ】ゴッドタンの企画「キス我慢選手権 みひろ vs ひとりタン」企画の趣旨を超越するような筋書きのないラブストーリーに発展していきます。感動の結末は鐔ワ愁鐔ァ◀曚鵑函△澆劼蹐舛磴鵑澆燭い併劼ⅱ瓩唎砲い燭蕕發Δ笋个い任垢諭�...... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 00時39分

» 終戦記念日 [木田ブログ]
日本が太平洋戦争に負けたのは8月15日だけど、海外の人は日本の降伏を8月10日に知っていた事はあまりしられてないのではないでしょうか [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 10時23分

« 投票のポイント② 与党過半数割れ | トップページ | グッドウィルユニオンが抗議行動 »