« 6月16(土)福島菊次郎「遺言」講演会 | トップページ | 消された年金 安倍政権が組合に責任転嫁 »

2007年6月30日 (土)

参院選前 自民党の謀略はあるか?

 参議院選挙投票日(7月29日)まで、あと一ヶ月。各種世論調査では、安倍政権の支持率は減るばかりで、自民党への支持も停滞している。しかし、このまますんなりと自民党が負けるとは思えない。

 追い詰められた安倍政権が何かしでかすのではないか、という不安にかられるのだ。そうでなくとも自民不利・野党優勢というアナウンス効果もあって、自民関係者が必死で巻き返しをはかり、野党支持者は気をぬく。

 そして支持政党を持たない階層の投票率は低くなるかもしれない。投票日を一週間先送りしたことでも投票率が低下する可能性はとても高い。

 なによりも”事件”がおきないかと心配なのである。たとえば、これまでの数年を振り返ってみると、自民党政府に危機(大きいのも小さいのも含め)が訪れると、なぜか北朝鮮がらみの事件が起きる(あるいは、小さな事件をタイミングを図ってマスコミを利用したかたちで拡大させる)。

 核実験・ミサイル・拉致問題・・・。

 松岡の農水省をはじめ政治とカネの問題が浮上し、なぜか1973年に起きた失踪事件の捜査で留学生関係団体を家宅捜索。テレビで大々的に放送させた・・とか。

 安倍政権は何をやってくるだろうか。

○野党とくに民主党議員のスキャンダルさがし

○北朝鮮の何らかの問題をマスコミにリークし、大きく報道させる。

○安倍首相の電撃的北朝鮮訪問

○拉致家族が帰国

○一般犯罪が起き、それがあたかも重大犯罪かのように連日マスコミでながされ、自民党への批判をかわす。

○警察を使って野党候補とくに徹底して反戦を訴える政党&確認団体への妨害

○不正選挙 (アメリカ大統領選挙でもこれに近いことが行われた)

|

« 6月16(土)福島菊次郎「遺言」講演会 | トップページ | 消された年金 安倍政権が組合に責任転嫁 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/15598124

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選前 自民党の謀略はあるか?:

« 6月16(土)福島菊次郎「遺言」講演会 | トップページ | 消された年金 安倍政権が組合に責任転嫁 »