« トヨタ自動車東京本社を1千人が包囲 | トップページ | 石原慎太郎落選運動メール »

2007年4月 5日 (木)

石原慎太郎がマジ切れ

 「うるさい、だまってろ!!」都政の私物化・豪華海外出張・差別発言・フリーター大嫌いの石原慎太郎都知事が、ついにぶち切れた。東京の下北沢で選挙演説中に、野次にたいして切れた。「スポーツ報知」が報じている。

慎太郎知事 ヤジにブチッ「うるさい、黙ってろ!」…8日都知事選
スポーツ報知

 石原慎太郎都知事(74)が4日、ついに爆発した。
再開発計画を巡って物議を醸している下北沢の駅前で街
頭に立ったが、開発反対派からの猛烈なヤジにヒートアッ
プ。当初は柄にもなく?謙虚な姿勢を見せていたが、我
慢も限界だったようだ。

 下北沢の駅前で「安心と安全」をテーマに「ここも救
急車や消防車が入れるような開発をしないといけません」
と再開発の必要を訴えていた石原氏。最初はヤジにも
「黙って聞きなさいよ」といなしていたが、聴衆から
「住民感情を排除している」などの声を浴びてついにキ
レた。

 「うるさい、黙ってろ!」と一喝。「(再開発につい
て)いろんな意見を出してもらいたい。それを区長に取
り次いでですね、当たり前の手順を踏んで、民主的にや
るんだよ! 物事は多数決なんだから!」と怒りまくっ
た。

 陣営ヒヤヒヤ 今回の選挙では、選対本部長の佐々淳
行元内閣安全保障室長が「失言ブレーキ係」を自任。告
示日の3月22日には「皆さんのお力を貸してください」
と殊勝に訴えたり、同30日の会見では「説明不足だっ
た」「謙虚にならざるを得ない」などと“らしからぬ”
休火山ぶりをアピールしていた。

 しかし選挙戦が進むにつれ徐々に本領を発揮。同31
日には、銀座の街頭で、ヤジを飛ばす男性を「静かにし
なさい」と一喝している。ここにきて陣営では過去にあっ
た数々の失言が街頭でも飛び出すのではないかとヒヤヒ
ヤしているという。

 この日は演説が進むうちに雨が本降りに。石原氏が噴
火すると、頭上では雷鳴がとどろいた。下北沢をめぐっ
ては、対立候補の浅野史郎氏(59)が、告示前の3月
10日に、再開発反対派の住民の案内で視察。それもあっ
てか、400人以上の聴衆を前に、SPもピリピリムー
ドだった。

 演説後は、開発反対派と石原氏に同調する人たちが入
り交じって一触即発に。土砂降りの中で「石原帰れ!」
コールがこだましていた。

◇自己制御力ゼロの石原

 とにかく自己コントロールのできない男だとわかる。この程度の判断力の人物に都政を牛耳られたら、お先真っ暗である。都知事三期目で独裁の強化は目に見えている。

 うんざりだ。仮に当選して辞任させる運動を起こしていかなければならないだろう。

|

« トヨタ自動車東京本社を1千人が包囲 | トップページ | 石原慎太郎落選運動メール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/14572728

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎がマジ切れ:

« トヨタ自動車東京本社を1千人が包囲 | トップページ | 石原慎太郎落選運動メール »