« 増長する安倍晋三 | トップページ | フリーター運動 »

2006年7月25日 (火)

杉浦法相 共謀罪新設に意欲

 先の国会で継続審議となった共謀罪に関して、杉浦法相があらためて新設に意欲をしめした。

 これまで3回も流れた法案に相変わらずこだわっている。相談しただけで罪になる。罪を罰するのではなく、人を罰する法体系に替えようというのだから、今の世の中が根本から崩れることになる。

 他方で、共謀罪とは、英米法の概念であることに注目すべきだ。経済・社会・文化・軍事などでアメリカの属国化が進行している日本。法体系までもアメリカ流にさせられるのはおかしい。

 これ以上の植民地化・属国化を防ぐ意味からも、共謀罪新設に反対すべきだ。

|

« 増長する安倍晋三 | トップページ | フリーター運動 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/11093551

この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦法相 共謀罪新設に意欲:

» 共謀罪 [テレビ朝日のアナウンサーと最新ニュース]
共謀罪共謀罪(きょうぼうざい)何らかの犯罪の共謀それ自体を構成要件(ある行為を犯罪と評価するための条件)とする犯罪の総称。アメリカ法のコンスピラシー(Conspiracy)がその例である。日本の組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(通称:組織犯罪処罰法)6条の2が規定する組織的な犯罪の...... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 02時44分

« 増長する安倍晋三 | トップページ | フリーター運動 »