« チェチェンから何を学ぶのか | トップページ | 杉浦法相 共謀罪新設に意欲 »

2006年7月24日 (月)

増長する安倍晋三

 北朝鮮のミサイル発射事件で最も得をしたのは、安倍晋三氏とその周辺だろう。

 強行突破、先制攻撃論まで出る始末で、歯止めが利かない状況になってきた。北朝鮮の金正日は、日本の軍国主義者にエールを送っているかのようである。

 今回の事件とその後の政治・外交を見ていてわかったのは、安倍晋三という人物は政治家に不向きだということだ。「戦争を知らない戦争好きのお坊ちゃま」である。戦争を知らず、何の試練も経ていないこのような人物が時期自民党総裁に就任するのは危険すぎる。

 にもかかわらず、マスコミは危機を煽り、まるで戦争を煽っているようだ。特にテレビはどうしようもない。新聞でも、読売新聞、日経新聞、産経新聞などが安倍氏をもちあげて、次期総裁にと世論を誘導しているようである。

 こうした傾向を批判している数少ない言論人が政治評論家の森田実氏。ぜひ彼のサイトを読んでほしい。「森田実の言わねばならぬ」225 7月18日付

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/

|

« チェチェンから何を学ぶのか | トップページ | 杉浦法相 共謀罪新設に意欲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/11082088

この記事へのトラックバック一覧です: 増長する安倍晋三:

» MDでほくそ笑む「軍産複合体」 [ロシア・CIS・チェチェン]
「日刊リベタ」の無料記事だが、「仏教経済塾」というのが渋い☆ http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607142151255 http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607042227472 http://www.nikkanberita.com/index.cgi?cat=special&id=200607070539145...... [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 13時08分

« チェチェンから何を学ぶのか | トップページ | 杉浦法相 共謀罪新設に意欲 »