« 日本の運命を決める共謀罪 | トップページ | アンチ・共謀罪ガールズ登場 »

2006年5月10日 (水)

たったひとりの闘いの呼びかけ

 2005年9月11日、マスコミの誘導どおり、小泉自民党が総選挙で圧勝した。翌日、仕事を休んで寝込もうと思ったが、そうはせずに事務所にやってきた。

 これから、勝ち組みと負け組みにわかれ、軍国主義・ナショナリズムが高まっていくだろう。 そして戦争のできる国家体制づくりが進むだろう。

 そのとき私はどうするか。いろいろ行動したいのだが、昔からの癖で、何かを書かないと行動できない。何かするにも、紙切れ一枚とはいえ企画書を書いたり、人に会う前に何を話すかメモしたり・・・。とにかく書くという作業を経ないと行動できない場合が少なくない。

 いままで私が仕事として書いてきたのは、ルポルタージュとか人に会ったあとのインタビュー記事などである。

 自分の思想や考え、哲学というものを系統立てて書いたことがない。日本の9・11を過ぎた今、あたらしいブログを作成し、いままでやったことない試み、自分がどう生きるかを確立しつつ、どのような国・社会にしたいかを書いてみようと思う。一度はやってみる価値があるかもしれない。

 いまの私の心境にぴったりの文章を見つけた。季刊『前夜』
http://www.zenya.org/創刊号に高和政(コウ・ファジョン)氏の文章である。彼は、次のようなアントニオ・グラムシの言葉を引用している。

(以下、引用)

 私が確信しているのは、万事休するかと思われるときでも、落ち着いて再び仕事に着手し、はじめからやりなおさなければならないということです。

 いつも自分と自分自身の力だけを当てにし、誰からも何も期待しないようし、失望したりしないようにすることです。

 そして、なしうる能力と条件だけを考え、自分の道を行くことが必要です。

 さあ、君も元気を出して、地方的・サルディーニャ的環境に押しつぶされず、取り巻く環境に打ち勝ち、しかも環境を軽蔑したり、優越感をもったりしないことです。

 (「グラムシ・セレクション」片桐薫訳、平凡社ライブラリー)

 グラムシが弟にあてた手紙だ。これを引用した高和政氏は、「そしてさらに重要なことは、このたったひとりの闘い=<抵抗>を、グラムシが弟カルロによびかけているということだ」と書いている。(季刊「前夜」創刊号2ページ)

 たったひとりの闘いへの”呼びかけ”。同感である。 その精神に則ったブログにしたい。

 なお「平成暗黒日記」の由来は、外交評論家である清沢洌(きよさわ きよし)が戦時中に書いた「暗黒日記」(岩波文庫)である。この本は、実に興味深い。         

                                 2006年5月11日

|

« 日本の運命を決める共謀罪 | トップページ | アンチ・共謀罪ガールズ登場 »

コメント

「サルディーニャ的環境」の意味が分からなかったのでちょこっと検索してみた。
[ウィキペディア]で調べたら、サルディーニャ島というイタリアの自治州が出ている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A3%E5%B3%B6
 古代ギリシャ人はこの島のことを足型をしたイタリア半島の足跡「サンダリオン」と呼んでいたそうである。
 私なりに解釈すれば、「田舎に引きこもっていないで外に…街頭に出てみよ!」と、グラムシは弟に呼びかけていたのだろうか。本意は解からない。

 せっかく「通販あれこれ」で“ヌードサンダル”を扱ってはいかが?
http://www.styl-ism.com/zakka/index2.html
と提唱しようかと思っていたのだが、どうやらそれどころではなさそうだ。この夏に大ヒット商品になる予想がするだけに考え物だと思う。

投稿: wattan. | 2006年5月12日 (金) 01時30分

 サルディーニャ的環境というのは、たぶん田舎の環境という意味。田舎の悪い面に影響されるなと勝手に解釈しています。

投稿: 林克明 | 2006年5月13日 (土) 21時18分

1文を長くするスタイルのようですね。
読みやすさの面からは、字を小さくするか、2カラム(2列)の配置にすると良いのではないでしょうか。
そうすると、段落わけが分かりやすくなって読みやすくなると思います。

投稿: さ。 | 2006年6月15日 (木) 01時50分

突然のメールを失礼いたします。
私は週刊新潮不買運動同盟サイト
http://www4.atpages.jp/shinchofubai/
を立ち上げた DOI Tomohiko と言う者です。

できれば貴方のサイトやブログへ週刊新潮不買の意思表示として
バナーかリンクを貼って欲しいと思いメールを送りました。
今年に入ってでも週刊新潮は映画『靖国』上映自粛問題や
沖縄の女子中学生へのセカンドレイプ等の
反社会的言論テロを引き起こしています。

私自身はまだ大学院修士課程の一学生という身分です。
私の大学では社会問題を扱うサークル同士が
些細な違いを乗り越えられず同士討ちをしている有様なので
私は社会問題を扱うサークルには属していません。

せめて週刊新潮不買不買同盟が週刊新潮がまるで一流週刊誌の
一角のように扱われている恥ずべき実情を崩す
一助になればよいかと考えています。

投稿: DOI Tomohiko | 2008年10月16日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/10005225

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとりの闘いの呼びかけ:

« 日本の運命を決める共謀罪 | トップページ | アンチ・共謀罪ガールズ登場 »