« 小泉暴走にstop! 6・1大集会 | トップページ | ガーダ~パレスチナの詩 »

2006年5月31日 (水)

会期延長なし フェイント攻撃か?

 小泉首相は、今国会を延長しないことを表明した。これで共謀罪が成立しないと安心している人もいるかもしれないが、そう簡単にはいかないだろう。もしかするとフェイント攻撃かもしれない。

 まだ会期は残っているので、ほんとうにやろうと思えば強行採決だってできるのだ。国会前行動(衆院第二議員会館前での抗議行動と座り込み)は、6月2日、7日,9日,13日に予定されている。

 5月31日時点の情報では、特に9日(金)が法務委員会で強行採決の恐れがある。

 今国会で成立しない場合でも、継続審議と廃案では全然意味が違う。引き続き、法務委員会委員への要請行動などをつづけていかないと危ない。

|

« 小泉暴走にstop! 6・1大集会 | トップページ | ガーダ~パレスチナの詩 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124508/10331710

この記事へのトラックバック一覧です: 会期延長なし フェイント攻撃か?:

» 共謀罪15 [喜八ログ]
ポスターの画像は「ロシア・CIS・チェチェン」さんよりお借りしました(ありがとうございます。なお、この画像は「自由に転用して下さい」とのことですから、どんどん利用させていただきましょう!)。 以下は「ロシア・CIS・チェチェン」さん自身による解説です。 露語は「無駄口をたたくな!」という...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 20時44分

» 民主党案を丸のみ?密告条項の部分は一体どうなるんだ? [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 共謀罪の一番のポイントは密告条項の部分だと思っている。いわゆる、一番最初に自首 [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 23時30分

» 「共謀罪法案」不成立に向け踏ん張り時 [ざぶさんの呟き]
  「共謀罪」創設を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案は、6月2日の衆院法務委員会で与党側が民主党案を丸呑みすることで、一転して成立する可能性が出てきた、と今日6月1日夕刻のニュースが伝えていた。  やっぱりか、である。  与党としては、とにかく共謀罪を法制化しておきたいのだ。  器さえ作っておけば、あとはどうでも加工できるということだろう。  しかしながら、共謀罪の影に隠れているが、サイバー法案の方はどうなっているのか。  こちらの方もこれからのネット社会のあり方に影をさす、共謀罪法案... [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 01時41分

« 小泉暴走にstop! 6・1大集会 | トップページ | ガーダ~パレスチナの詩 »